カンパニュラ


photo by Flowerブログ*花のフリー写真素材

ラテン語の釣り鐘を意味することばに由来し、花の形が釣り鐘に似ているからである。英語ではbell flowerというが、この英名を持つ植物は十種以上ある。

・かんぱにゅら 釣鐘草 (つりがねそう)
・桔梗(ききょう)科。
・学名 Campanula medium
・開花時期 5/10頃~ 6/15頃。
・誕生花 
カンパニュラ・イソフィラ 6月11日
釣鐘草   6月25日
・花言葉
カンパニュラ・イソフィラ「親交」
釣鐘草 「友情」

ラテン語の釣り鐘を意味することばに由来し、花の形が釣り鐘に似ているからである。英語ではbell flowerというが、この英名を持つ植物は十種以上ある。

北半球の温帯から冷帯の広い範囲に分布し、全部で300種ほどある。すべて草本で、大半は多年草だが、1,2年草のものも少数ある。草丈は30cmから2mくらい。ロゼット型の根生葉があり、茎につく葉は互生する。葉には様々な形がある。花は晩春から夏にかけて咲くものが多く、総状花序または穂状花序をなし、釣り鐘型の3~8cmくらいの花を数輪から数十輪咲かせる。花色は、青や紫または白が多いが、ピンク色のものもある。横向きに咲くものが多いが、受け咲きや下向き咲きのものもある。欧米の園芸辞典には、50種以上が掲載されているが、日本で栽培されているのは数種である。

Tags: , , ,