コスモス

・菊(きく)科。
・学名
Cosmos bipinnatus
Cosmos : コスモス属
bipinnatus : 2つの羽状の

コスモスは、キク科コスモス属の総称。また、種としてのオオハルシャギク Cosmos bipinnatus を指す場合もある。アキザクラ(秋桜)とも言う。和名は秋に咲く、桜に似た花びらの形から秋桜と名付けられた。
「コスモス」とはラテン語で星座の世界=秩序をもつ完結した世界体系としての宇宙の事である。

秋に桃色・白・赤などの花を咲かせる。花は本来一重咲きだが、舌状花が丸まったものや、八重咲きなどの品種が作り出されている。本来は短日植物だが、6月から咲く早生品種もある。
原産地はメキシコの高原地帯。18世紀末にスペインマドリードの植物園に送られ、コスモスと名づけられた。日本には明治20年頃に渡来したと言われる。秋の季語としても用いられる。
日当たりと水はけが良ければ、やせた土地でもよく生育する。景観植物としての利用例が多く、河原や休耕田、スキー場などに植えられたコスモスの花畑が観光資源として活用されている。ただし、河川敷の様な野外へ外来種を植栽するのは在来の自然植生の攪乱であり、一種の自然破壊であるとの批判がある。

・開花時期
7/25頃~12/10頃。

・早咲きのものと遅咲きのものがある。

・外来品種だが、日本の風景に合っている

・葉は細い。

・誕生花
7月16日
8月14日
10月5日

・花言葉
乙女のまごころ
少女の純真
愛情
たおやかさ

・コスモスの仲間

オオハルシャギク Cosmos bipinnatus Cav.
 一般的なコスモスといえばこれを指す。高さ1 – 2m、茎は太く、葉は細かく切れ込む。
キバナコスモス Cosmos sulphureus Cav.
 大正時代に渡来。オオハルシャギクに比べて暑さに強い。花は黄色・オレンジが中心。
チョコレートコスモス Cosmos atrosanguineus (Hook.) Voss
 大正時代に渡来。黒紫色の花を付け、チョコレートの香りがする。多年草で、耐寒性がある。

・象徴としてのコスモス
コスモスをシンボルとする日本の市町村
北海道:士別市・滝川市・仁木町・大樹町・標茶町・鶴居村
秋田県:大仙市
茨城県:小美玉市・筑西市
埼玉県:神川町
千葉県:印西市・市原市・茂原市・大網白里町
東京都:西東京市
神奈川県:松田町
新潟県:阿賀野市・湯沢町
長野県:佐久市・信濃町・下條村
奈良県:大和高田市・川西町
京都府:木津川市
大阪府:貝塚市
兵庫県:豊岡市・相生市・加東市・稲美町
徳島県:勝浦町
香川県:坂出市・さぬき市
福岡県:飯塚市・久留米市・古賀市・直方市・中間市・行橋市・水巻町・粕屋町
長崎県:東彼杵町
熊本県:宇城市
大分県:由布市
宮崎県:小林市・国富町

コスモスをシンボルとする日本の行政区
札幌市南区
川崎市宮前区
横浜市磯子区
名古屋市北区
神戸市須磨区
大阪市都島区

コスモスをシンボルとする日本国外の自治体
大韓民国:京畿道坡州市

Tags: , , , , , , , , , ,