百花辞典トップ > ケシ科 > ハナビシソウ

ハナビシソウ

hanabisisou ハナビシソウ

・はなびしそう 花菱草
・罌粟(けし)科。
・学名 Eschscholtzia californica
Eschscholtzia : ハナビシソウ属
californica : カリフォルニアの
ハナビシソウ(花菱草、学名:Eschscholzia californica)は、ケシ科ハナビシソウ属の耐寒性一年草である。別名、カリフォルニアポピー。

明治時代に渡来し、家紋の花菱に似ているために、この名がある。同属植物は8-10種あり、いずれもアメリカ合衆国西部に分布している。
ハナビシソウは、草丈60cmくらい、茎は根元からよく出て株立ちになり、葉は掌状に3裂する。4月から5月にかけて、花径7-10cmくらいの4弁花を開く。花色は、濃い黄色が基本だが、淡黄色・オレンジ色・朱色・サーモンピンクなどのものもあり、八重咲きもある。
花壇や切り花用に用いられている。属名は、ロシア系ドイツ人の医師で自然科学者だったヨハン・フリードリッヒ・エッショルツJohann Friedrich Eschscholz 1793 – 1831)に由来。ロシア語のщをドイツ語でschschと綴るため、非常に読みにくい名前になっている。
同属の植物に、ヒメハナビシソウ E. caespicata があり、草丈30cmくらい、花も4cmくらいと小柄で、鉢植えやプランター植えに栽培されている。

・北アメリカ原産。

・開花時期
春~初夏

黄色またはだいだい色の
大型のきれいな4弁花が咲く。
花びらはめくれ上がることが多い。
日に当たるとひらく(福寿草みたい)。
・名前は、花の形が花菱紋(4枚の花弁を
菱形にした紋所)に似ているところから。

・誕生花
5月15日

・花言葉
和解

そだてかた
寒さに強く、病虫害もほとんどない丈夫な草花である。秋分頃に花壇に直まきする。タネは比較的細かいが、タネが見え隠れする程度に覆土しておくと、1週間くらいで発芽する。日当たりと排水のよいところなら、ほとんど手がかからない植物である。

Tags: , , , , ,