プリムラ

・ぷりむら ポリアンサ、ジュリアン、オブコニカ、マラコイデス
・桜草(さくらそう)科。
・学名 Primula polyantha (プリムラ・ポリアンサ)
Primula obconica (プリムラ・オブコニカ)
Primula malacoides(プリムラ・マラコイデス)
Primula : サクラソウ属

サクラソウ科サクラソウ属の園芸植物で、日本では生産園芸、鑑賞園芸の園芸ジャンルにより、包括する範囲が多少異なる。主にヨーロッパで品種改良されたものが多い。この意味での「プリムラ」が多く、本記事で説明する。
このプリムラの他に、サクラソウ属に属する園芸植物として、日本の古典園芸植物である日本桜草(にほんさくらそう、植物学上の和名はサクラソウ)がある。
サクラソウ属のラテン名Primula(本来の意味)。

・開花時期 12/10頃~翌5/15頃。
・誕生花 1月22日(プリムラ・ポリアンサ)
2月11日、12月19日(プリムラ・オブコニカ)

・花言葉は
永続する愛情
富貴
神秘な心
運命を開く
可憐
うぬぼれ

「無言の愛」(プリムラ・ポリアンサ)
「青春の美しさ」(プリムラ・オブコニカ)

園芸上、日本にも自生し江戸時代以降育種されているサクラソウ (P. sieboldii) は古典園芸植物として別に取り扱われ、普通はプリムラとは言わないことが多い。

Tags: , , , , , , , , , , , , ,