スイレン

・すいれん 睡蓮
・睡蓮科
・学名 Nymphaea colorata(熱帯睡蓮)
Nymphaea : スイレン属
colorata : 彩色された

・誕生花
7月10日
8月5日

・花言葉
心の純潔
純情
信頼

水生多年草。
日本にはヒツジグサ(未草)の1種類のみ自生する。日本全国の池や沼に広く分布している。
白い花を午後、未の刻ごろに咲かせる事からその名が付いたと言われる。
睡蓮はヒツジグサの漢名であるが、一般にスイレン属の水生植物の総称として用いられる。

水位が安定している池などに生息し、地下茎から長い茎を伸ばし、水面に葉や花を浮かべる。葉は円形から広楕円形で円の中心付近に葉柄が着き、その部分に深い切れ込みが入る。葉の表面に強い撥水性はない。多くの植物では気孔は葉の裏側にあるが、スイレンでは葉の表側に分布する。根茎から直接伸びる花柄の先端に直径5-10cmほどの花をつける。

Tags: , , ,