トリトマ


とりとま トーチリリー シャグマユリ(赤熊百合)
・百合(ゆり)科。
・学名 Kniphofia
Kniphofia : シャグマユリ属

・開花時期 6~10月
・誕生花 9月8日
・花言葉 「あなたは私を楽しませる」

熱帯アフリカ・南アフリカに70種ほど分布する60cm~1.8mほどの草丈のユリ科の植物。
花は赤やオレンジ色、黄色のものもある。
日本ではトリトマというと、おもにウヴァリア種など改良された園芸種を指すことが多い。

トリトマの種類

・ウヴァリア
トリトマを代表する花。南アフリカ・ケープ地方原産。
オオトリトマとも呼ばれ、日本の公共花壇などにも植えられている品種。
茎が60cm~1.8mにもなり、20cm程の花穂をつける。

・トリアングラリス
南アフリカ・ケープ地方産
オオトリトマよりやや背の低い品種。鮮やかな黄色の花を咲かせる。
花形はウヴァリアに比べ小さく、断面が三角形に見えることから「トリアングラリス」名づけられた。

・ルーファ
南アフリカ・ナタール地方原産。
葉の数が少ないもの。花がつぼみのときは赤くふくらみ、咲くと鮮やかな黄色になります。

Tags: , , , ,